生命保険の現状

生命保険の現状

生命保険の現状

生命保険は、7割、という方が、かけすぎの部分がある、といわれています。特に男性の場合、独身時代に生命保険に入るとき、生命保険会社の担当の方に、「面倒だから適当に作ってよ」などと、人任せになると思います。そうなると、いらない保障が付いている、ということもあるのですよね。

実際に、その人の生活状況がわからない、という場合、一般的なその方の年齢に見合ったもので、独身、既婚、ということを考慮して、生命保険の設計書、というものを作ることになると思いますから、人によっては、こんなのいらないよ、というものが付いている、ということがあるのです。

こういった人の場合には、結婚してから、しっかりものの奥さんが、生命保険を見て、びっくり。こんな高い掛け金の保険なんて必要ないよ!ということで、生命保険をかけ替えるということになると思います。独身だからといって、本当に必要なもの以外は、お金を捨てているようなものですよ。しっかり自分の生命保険を見てみることです。

また、この不況の時代。自分の家族にとって必要な生命保険であるのに、途中で払いきれず、解約する方、というのも増えているのですよね。もし、無理が出てきたら、まず、自分の生活設計をしっかり考え直し、少し安い生命保険にする、ということでもいいと思います。

生命保険は自分の家族を守るもの。また自分をしっかり守ってくれるものです。収入をよく考えながら、しっかり見直しをすることも、必要です。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional