生命保険の特約

生命保険の特約

生命保険の特約

生命保険は、主契約と特約、ということで構成されています。主契約は、大本の契約部分です。その種契約を補完するという役割があるのが、特約、という部分になります。この生命保険の特約は、死亡保障、というものと、医療保障、というものに分けることができます。

では、どういった特約があるのか、しっかり知っておきましょう。

まず、死亡特約、というものです。この中には、災害割増特約、傷害特約、リビングニーズ特約、というものがあります。災害割増特約、というのは、法定・指定伝染病でなくなったり、高度障害になってしまったというとき、また災害で死亡された、という場合に、その主契約の死亡保険金に上乗せして保険金が支払われる、というものです。

傷害特約は、災害や法定・指定伝染病によって死亡、という場合、主契約の保険金に上乗せして、災害保険金が支払われる、というものです。また、傷害が残ってしまった、という場合には、傷害の度合いによって傷害給付金、というものが支払われます。

リビングニーズ特約、この言葉、結構聞きますよね?どういった原因でも、その生命保険の被保険者の余命が、残り6ヶ月、という告知を受けた、また診断された、という場合に、「生存中」死亡保険金を前払い請求できる、というものです。この特約を付帯することに対して、特約の保険料というのは必要ないのですって。

余命がわかった時点でやりたい事、というのも出てきますよね。そういったことを考えると、リビングニーズ、という特約はいいものだな、と思います。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional