生命保険って必要ですか?

生命保険って必要ですか?

生命保険って必要ですか?

友人から、こんなことをいわれたことがあります。「生命保険とか車の任意保険って、何かなければいらないでしょう?何かないのに、お金を払うって、本当に損しているような気がするんだよね」

確かにその気持ちはわかります。健康で何事もなく通常の生活をおくることが、当たり前のように過ぎていく毎日ですから。でも、この通常の生活って、本当にずっと続くか?といったら、それは言い切れないことなのです。

私の場合、自分のお葬式代くらいは、自分の保険でしっかりしておきたい、ということが、非常に強くて、保険に加入している、ということが大きいのですが、もし、今私の主人が亡くなってしまったらということを考えると、本当に怖いな、と思ってしまいます。

私、息子、母、精神的に受ける打撃も相当だと思いますが、それよりも、今の生活が一変してしまう経済状態になるのでは?という心配もあるのです。

人は、生活のグレードをそう簡単に変えることはできません。難しいことです。もし私が、一家の大黒柱、という事になれば、もしいなくなった場合に、家族が困らないように、というお金を、毎月支払っている、ということは、当然、という気がするのです。

困った事、万が一の事、というのは、おきては欲しくないものですが、こればかりは、とめることができないことですし、起きない、という保障は、それこそない、というのが、現実なのです。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional