保険の設計書はしっかり見ること

保険の設計書はしっかり見ること

保険の設計書はしっかり見ること

保険を決める際に、保険の担当さんが、皆さんに設計書、というものをくれると思います。その設計書には、保険の担当さんが、あなたの生活の状況をよく考え、また希望した保障などを考慮した保障のある保険設計が計算されています。

将来受け取りたい、また保障が必要、ということを、しっかり専門家が計算してくれたもの。今は、インターネットで、設計書や見積を取ることもできますから、その内容を、とにかくしっかり見てほしい、と思います。

自分の保険の内容がわからない、またどういった保障があるのかすら知らない、という方、本当に多いのです。(うちの主人がそうですね)でも、これでは、もし、自分が亡くなってしまったという際悪の自体のとき、どういうことになるか、心配になりませんか?

保険は、自分が内容をしっかり知っている事、また何かあった時に、その手続きをどうとればいいのか、ということなどを、ある程度、周りの方、自分が知っておく必要があると思うのです。

生命保険は自分と、自分の家族のためのもの、だからこそ、設計書はしっかり見ておく必要があるのです。設計書は面倒くさがらずに、しっかり目を通す、いざという時に必要なことが出来るように、家族にも説明しておく、ということが、必要なのですよ。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional